編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
エンタメ

12歳の天才ピアニスト!!間違いない才能を持つ彼の成長が脅威!!

12歳のケビン・チェンくんは、オカナガン交響楽団と一緒に舞台にたちました。

ケビン・チェン君の演奏は年々もの練習を積み重ねた才能のあるピアニストを彷彿させる演奏です。

oso音楽監督のローズマリー・トムソンは「彼が才能を持っている事は間違いない、彼が音楽的になんというかどうか疑問に思っている」といいました。

そして現在4年間で80曲以上のオリジナルピアノ作品を執筆しました。

過去3年間チェンに才能があると認め注視してきたトムソンが注目を集めています。

カルガリーのプロダクトである陳さんは、5歳でピアノを拾い、8歳でロイヤルコンサバトリーのアソシエイツを達成しました。

トップ30のミューシャンに選出されたほどです。

そんな陳さんに12歳のケビン・チェンは指名され、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番を演奏することになりました。

陳に選ばれたという誇りとピアニストたちに刺激され、ケビン・チェン君はより感化され高みを目指すようになるだろうとトムソンさんは言います。

 

トムソンさんは子供たちにピアノの練習を促す方法を常に探しているそうです。

誰しもケビン・チェン君のように才能を所有している訳ではないものの、技法を練習すれば、高い技術を持つピアニストになり、ショーに出ることもできると言います。

 

才能だけではなく、普段の練習の成果も大きく関係した結果なのでしょうね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう