編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
ピアノ教室 選び方

プロを目指すなら・・・ピアノ教室の選び方や注意点は?

ピアノレッスンプロフェッショナル向け

ピアノを習うに当たり、目指すところはプロのピアニストという場合、ピアノ教室の選び方はものすごく大切で大きなポイントとなると思いますよね。

実際にプロのピアニストとなるためにはどうしたらよいのでしょうか。

やはりピアノ教室の選び方などが重要になるのならその選び方も知りたいですよね。

ピアノでプロを目指すために必要なことをお送りしていきます。

プロを目指すならピアノ教室の成績を見る

ではまずはプロを目指すなら選ぶべきピアノ教室についてですね。

やはりプロになるためにはそれなりのピアノ教室を選ぶ必要があります。

まずはピアノ教室の成績を見ましょう。

このピアノ教室が輩出した有名なプロピアニストがいるのかどうか、そのピアニストが取った賞や出たコンクールでの結果などを調べたり聞いてみると良いです。

するとプロの排出率が高いピアノ教室が分りますね。

講師の先生とプロピアニストどちらがいい?

ピアノの講師の先生に教えてもらうのとプロのピアニストに直接指導を受けるのはどちらが良いのか悩みますよね。

やはりプロになるためにはプロに教えてもらわないといけないと思いますよね。

しかし、必ずしもプロの名ピアニストが指導力もあるということは言えません。

名演奏家でも優秀な教育者ではないということがあるというわけです。

プロのピアニストに教わるよりも、プロのピアニストを育てる力のあるプロの教育者から学ぶのが一番です。

実力をただただ教え押し付けるのではなく、生徒一人一人の力を引き出す方法を知っているプロの講師に教えてもらうことが大切なのです。

プロを目指すためには資金が必要?

プロを目指すためには、やはり膨大な練習量や努力だけでは残念ながら厳しいのです。

やはりプロを目指すためには天才でもないかぎり、それなりの資金が必要です。

まずプロピアニストになるにはアップライトピアノというわけにも行きませんね。

グランドピアノだったらなんでも良いよいうことでもなく、自分に合う最適なグランドピアノが必要となるでしょう。

また、名講師からレッスンを受けるためには、やはりそれなりのレッスン費用が掛かりますね。

レッスン料は普通のレッスンを受けるよりも倍以上かかると考えておいた方が良いでしょう。

社会人からでもピアノ教室に通いプロを目指せる?

社会人からでもピアノ教室に通えばプロのピアニストになることができるのでしょうか。

答えはYESです。

子供のころからプロを目指してピアニストになろうとしてもなれない人もいるように、社会人になってからプロを目指してなれるという場合もあるのです。

それはどれだけ良い指導をうけるか、どれだけしっかり練習するかに関わりますが、可能でがあります。

並外れた努力が必要だと思いますが不可能ではありませんね。

プロを目指すなら講師選びも大切

プロを目指すなら講師選びは大切です。

一番重要な点と言っても過言ではありませんね。

プロを目指すためには自分の力を最大限に引き出してくれる講師の先生を選びましょう。

プロの講師の先生を探す方法としてはネットで探す方法もありますし、実際にプロを目指している人、プロとして活躍している人を調べ、講師の先生を探し出しましょう。

もちろんプロとして名高い講師の先生でも自分に合う合わないはあります。

複数のプロの講師の先生の情報をかき集め、実際に会ってみて、決めることをおすすめします。

プロになるためにはピアノ教室が必須?

プロになるならピアノ教室は必需かどうかということについては、練習のために必ずしも必要というよりも、ほかの理由で必要だと感じている人が多いです。

プロになるためにピアノ教室が必要な理由としては、人脈を増やすという面で必要だと感じている人が多いのです。

プロになるためには、やはり自分の存在を広めたり、多くの場で発表する必要がありますね。

人気のプロピアニストとなるためには、ピアノ関係の知り合い、人脈があればあるほど助かるのです。

そこでピアノ教室に通っていることで人脈は自然と増えるため、プロになるために必要だと感じている人が多いのです。

技術的にはピアノ教室が必ずしも必要というわけではなく、独学や独学で学んだ状態で時々プロの先生の指導を単発で受けるという方法でプロになっている人も意外といるのですよね。

まとめ

プロのピアニストになるためには、一般的な方法としてはプロの講師を探すところから始める必要がありますね。

しかしプロになるためにはやはりそれなりの資金も必要となります。

私の周りの人はプロになるために大学も音楽大学へ行き、プロの講師の先生に高い月謝を払って目指している人がいました。

しかし残念ながら数々のコンクールや発表会にでることができたものの、プロとしてデビューと言ったことにはつながらず、今ではピアノの講師の先生として働いています。

やはり頑張ってもプロに慣れるのは一握り、厳しい道ではありますね。

どんな道でも同じですが、一握りのプロになるためには並外れた努力が必要なのでしょう。

音楽で生活していくのって厳しく険しい道ですよね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう