編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
ニュース

【動画】7本指のピアニスト×自殺した米少年のコラボ!!奇跡のコラボ曲

 

7本指のピアニスト

7本指のピアニストは日本人の西川悟平さん(43歳)です。

15歳の頃ピアニストを目指すと、音大へ合格、ニューヨークへと渡りました。

その後27歳の頃にジストニアと言う神経の病に侵され、「一生ピアノを弾くことはできない」と宣言されます。

動かない指が出てきてしまい、7本指でしかピアノを弾けなくなりました。

それでも不屈の精神で7本指でピアノを弾き続けているピアニストです。

西川さんは日本とアメリカの対局した2つの国で演奏した経験を次世代へと引き継ぎたいと言います。

 

ピアノのレッスン

西川さんは帰国するたびに忙しい合間を縫い、子どもたちにピアノのレッスンを行っています。

 

生徒の一人である山下我雲生君は、西川さんのレッスンを受け、ルーマニアのトランシルヴァ二ア国際ピアノコンクールの11歳~14歳の部で2位を受賞しました。

世界的なコンクールで、日本人11歳の子が賞をとるのは奇跡に近いそうですよ。

 

山下君の夢は西川さんと同じ舞台に立つことだそうです。

その夢を目を輝かせて宣言する山下君に西川さんは肩を強く抱き、「絶対できるよ」と言いました。

米少年との出会いと生まれた曲

7本指になった事により、アメリカのセントルイスに住んでいて、日本に行くのが夢だったアメリカの若きピアニスト、故リアム・ピッカーくんにであいました。

リアムくんは2015年に逝去、享年18歳でした。

西川さんが彼に出会ったのは、彼の死後でした。

彼はうつ病による自殺、リアム君の両親はリアム君が生前に書き残した「winter」という曲をアレンジして演奏してほしいと西川さんに依頼したのでした。

そこで既にこの世にいない米少年と西川さんの共同制作がスタートしました。

 

リアム君の両親は西川さんのユーチューブに掲載されている演奏で心奪われ、コンタクトを取りました。

センスルイスは西川さんが住むニューヨークから1500㎞離れた都市でした。

それなのに西川さんは引き受けると決め、すぐに現地に飛びました。

リアム君がどんな少年だったのか知りたいという一心だったそうです。

リアム君の自宅を訪れ墓参りをし、最後はリアム君の両親に、「自殺した部屋に泊まりたい」と申し出たのです。

亡くなってから1年も経っていなかったリアム君の部屋には、血の跡も残っています。

両親は断ろうとしますが、お願いしますと西川さんは頼み込み、一夜をリアム君の部屋で過ごしました。

ところが西川さん、いざ部屋に入ると怖くてねむれなかったそうです。

しかし、彼がベットで見ていた景色や窓からの風景、部屋のニオイなどから、彼を感じることができ、彼を自分に取り込むことができたそうです。

そしてwinterが出来あがり、初演が2017年12月に行われました。

カーネギーホールの大ホールでピアノの上にリアム君の遺影が置かれた状態で見守られながら演奏されました。

 

更にこの曲は映画「栞」の主題歌にも抜擢されました。

リアム君の魂は日本に来たかったという夢を曲に乗せて果たしました。

リアム君の母親は「リアムの肉体はこの世にないけれど、紙1枚に残した作品に命を吹き込んでくれて、翼を持って羽ばたいているのです」と涙を浮かべて話します。

 

7本指のピアニスト西川さんと米少年リアムくんの素敵なコラボ曲となりましたね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう