編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
エンタメ

【動画】ねこふんじゃった♪のアレンジがスゴイ?!海外での違った呼び方多数!!

ねこふんじゃったは多くの人が知っている曲ですね。

ピアノを弾けない人もこれだけは弾ける!!と言うことがあったり・・・。

そんなねこふんじゃったは実は世界的に有名で国籍不明なピアノ曲だったのです。

そして産みの親も不明、曲名も実は様々なのです。

楽譜を見ると♭や#が多く難しそうですが、弾いてみると意外と単純で簡単ですね。

ねこふんじゃったの曲名は日本だけ?

実はこのねこふんじゃったという曲名は日本だけなのです。

世界中で親しまれている曲ですが、しっかりとした曲名がなく、国々で様々な曲名で呼ばれています。

約28種類もの曲名が付けられているのですよ。

日本の呼び方に似た猫○○?!

日本のように曲名に猫が入っている国もあります。

韓国では【猫の踊り】

ブルガリアでは【猫のマーチ】

ルーマニアでは【黒猫ダンス】

台湾では【子猫之舞】

と呼ばれています。

犬○○と呼ぶ国もあり?!

猫ではなく犬が曲名に入っている国もあります。

ロシアでは【犬のワルツ】

チリでは【犬のポルカ】

 

猫繋がり?!

猫繋がりなのか否かはわかりませんが、ドイツやルクセンブルクでは【蚤(のみ)】と言う曲名で呼ばれています。

 

その他の様々な曲名

メキシコでは【お猿さん】

キューバでは【アヒルの子たち】【三羽の子アヒル】

スウェーデンでは【豚のワルツ】

ハンガリーでは【ロバのマーチ】

などと呼ばれています。

いずれも動物に関係する曲名ですね。

人間に関する曲名も?!

国によっては動物に関係する曲名ではなく、人間がモチーフとなる曲名で呼ばれている国もあります。

デンマークでは【公爵夫人】【女の足】

アメリカやイギリス、カナダでは【サーカスソング】

アルゼンチンでは【道化師ポルカ】

と呼ばれています。

中国では【泥棒行進曲】

 

等々各国で様々な曲名で呼ばれている曲なのです。

曲名から国の雰囲気も伝わり面白いですね。

ねこふんじゃったのアレンジ演奏が素晴らしい!!感動?!

ねこふんじゃったは作曲者も不明、正規の楽譜もないのです。

 

ねこふんじゃった弾いてみてと身近な人に言っても、人それぞれ違った弾き方、メロディーを弾くこともあります。

そんなねこふんじゃったをアレンジしている動画の演奏が素敵なのでご紹介します。

なんだか聞いていると物語の情景が浮かぶような一曲となっています。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう