編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
最新

【世界初】108鍵のピアノが出現!失われた音楽の可能性が広がる・・・?

オーストラリアのピアノメーカーであるウェイン・スチュアートから世界初のピアノが出来あがります。

9オクターブ、108鍵のグランドピアノが設計されているのです。

現在ほとんどのグランドピアノは88鍵です。

9オクターブ、108鍵のピアノということは、今までにないピアノの演奏を聴くことが出来るようになるという訳です。

108鍵盤のピアノを作るスチュアート氏は「21世紀には新しいものが必要である。新しい視野が必要で新しい地平線だ。」と言います。

手作りピアノを40年に渡り手作りし続けてきて、108鍵のピアノが最も意欲的な作品となっているそうです。

18か月間に及ぶ制作期間を要し、3メートルの長さとなり、オーケストラのように感じる音色を奏でるグランドピアノとなりました。

ピアニストからの声

ピアニストからの意見としては、108鍵のピアノは108鍵使わなくても、音色に違いがあると言います。

 

車の場合、200キロ出すことが無くても、最大速度が150キロ程度の車より、200キロまで出る車のほうが、初速が早くなるように、ピアノも幅広い音色が用意されていることで、普通のグランドピアノとは異なる音色が出るというのです。

108鍵のピアノは本当に暖かい音色で華麗な音で、豊かな音色となっています。

 

その後の108鍵のピアノ

その後108鍵のピアノは300,000ドルの値札が付けられ、オーストラリアの音楽的才能を養うために使用されることなりました。

スチュアート氏の言葉

108鍵のピアノに対して、スチュアート氏は

「かなり長い間、108鍵の音楽に興味がありました。しかしパイプオルガンの範囲を反映しているため、独特の範囲ではないのです。」

「個人的には21世紀のピアノの最小周波数帯だと思っているのです。」

「新しいピアノは108鍵です!9オクターブに馴れてください!」

と言っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう