編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
学ぶ

ピアノが88鍵盤までしかないのはなぜ?!88の理由

ピアノの鍵盤は通常88鍵ですね。

数字だけ見ると88って中途半端というか不定期というか不思議な数字ですよね。

 

もちろん電子ピアノの場合は88鍵盤よりも少ない鍵盤数のものもあります。

 

しかし、88鍵盤以上のピアノはほぼありません。

従来のピアノの鍵盤数は?

ピアノの誕生は1700年代初頭と言われています。

この頃のピアノは4オクターブ演奏することができる54鍵でした。

その後ピアノは進化し、ベートーヴェンなどが活躍し始める18世紀後半頃から、鍵盤数が増えてきます。

68鍵になり、19世紀後半には7オクターブ演奏可能である88鍵になりました。

 

音楽家の要望を聞きいれながら、オクターブを増やしていき、89鍵のピアノへと進化したどりついたのです。

 

その後、88鍵からいくら時代が変化しようとも、鍵盤が増えることはなくなりました。

人間の耳と鍵盤数に関係あり

人間の耳は約20Hzから20000Hzまで聞こえるとされています。

しかし、実際にしっかりと聞き取ることが出来ているのは4000Hzほどまでです。

16000Hz以上になるとモスキートトーンと呼ばれているもので、高周波は聞き取りにくいですよね。

 

現在の88鍵盤のピアノで奏でられる音は、27Hzから4186Hzとされています。

人間が難なく聞き取ることが出来る音とピアノから奏でられる音はマッチしています。

 

そのため、これ以上鍵盤を増やし音域を広げても、しっかりと人の耳へ音が届けられないのです。

また、聞き取れたとしても不快な音となってしまう可能性が高いのです。

そのため、88鍵盤がベストな鍵盤数となっています。

 

例外のピアノ

実は例外で、97鍵盤のピアノが存在しています。

ベーゼン・ドルファー者のインペリアルシリーズで低温が6度低くなり、音域が増幅されています。

しかし、増えた9つの鍵盤は白鍵までもが黒鍵のように黒くぬりつぶされているのです。

実はこの9つの鍵盤は弾くための鍵盤ではなく、更に長い県を張ることで、ほかの音がより震え、より響きが豊かに聞こえるピアノにするためのものでした。

そのため、触らない部分、弾くためのものではない部分として黒く塗りつぶされているそうですよ。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう