編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
ピアノ教室 選び方

ピアノ教室の平均月謝は?月謝以外にもかかる費用?!

ピアノ教室平均月額授業料

ピアノ教室に通わせることとなった時に、平均月謝はいくらくらいになるのか気になりますよね。

あまりにもかかる費用が多ければ・・・と悩んでしまいますね。

実はピアノ教室に通うとなると、月謝以外にかかる費用もあるのです。

月謝、年間費用を考えて、大手のほうがよいのか、個人のほうがよいのか、費用対策方法などについてもご紹介しますね。

ピアノ教室の平均月謝はいくら?

 

ではまずはピアノ教室の平均月謝についてです。

それぞれ初めて習う初級の場合の月謝についてです。

 

大手ピアノ音楽教室の場合

大手ピアノ教室、全国展開の大手ピアノ教室ですね。

7000円から8000円にプラス施設代として1000円ほどです。

 

 

中小ピアノ音楽教室の場合

その地域にしかないものの、講師が複数人いてピアノ教室に通うという場合ですね。

6500円から8000円にプラス施設代として1000円前後

 

個人ピアノ教室

個人ピアノ教室の先生の家に習いに行ったり、自宅に先生が来てくれるような場合です。

個人ピアノ教室の場合は4000円から9000円ほどで多くは7000円ほどです。

個人ピアノ教室の場合は、月謝に大きな差があります。

中にはものすごく安い月謝のところもあります。

初級の場合の平均月謝はこのくらいであり、どんどんピアノの技術が高まると月謝も徐々に高まるのがほとんどですね。

ピアノ教室の月謝は大手個人どっちが安い?

ピアノ教室の月謝は大手と個人どちらの方が安く通うことができるのかと言う事についてです。

大体の場合、大手ピアノ教室のほうが高いです。

それは施設の維持費もありますし、広告費もそのピアノ教室に所属する講師のお給料も含まれるからですね。

大手ピアノ教室のほうが高くなるのですね。

個人ピアノ教室の場合は広告費などもかからず、施設費もかからず、暖房費がかかるかかからないかというくらいです。

個人ピアノ教室のほうが大手ピアノ教室よりも月謝が安いことがほとんどですね。

ピアノ教室は月謝以外の費用もかかる?!

 

ピアノ教室に通う事になると、月々にかかる月謝だけではありません。

その他の費用も下記のようにかかります。

  • 調律代
  • 教材費
  • 発表会やコンクールの参加費
  • 発表会やコンクールで着る衣服や靴など代
  • グレードなどの受験費用
  • 個人教室の場合はお礼代を支払う場合もあり

ピアノ教室に通うための年間費用は?

 

ピアノ教室に通うためには月謝以外にもかかる費用があるのですね。

また上記以外にも、発表会やコンクールに出た際に、講師の先生へお礼の手土産を渡すという習慣があるところもあります。

ピアノ教室に通うためにかかる年間費用は5万円から10万円はかかると思っておいた方がよいですね。

ピアノ教室の費用対策方法は?

ピアノ教室の費用を対策するための方法についてです。

個人レッスンではなくグループレッスン

 

大手のピアノ教室に通う場合、グループレッスンは個人レッスンよりも安いです。

費用を抑えて通いたいなら、グループレッスンを選択したほうがよいですね。

大手ではなく個人ピアノ教室の場合は、教室によっては大手よりも格段に安い場合もあるので確認してみるとよいですね。

発表会での衣装

発表会の衣装は衣類が安いお店で探してみると、意外とドレスっぽく着れるし安い値段で手に入ります。

また、ネットで購入すると安く手に入る事もあるのでおすすめですね。

更に購入するのではなく1日レンタルなどだと、衣装のクォリティも安く値段も安いのでよいですね。

まとめ

ピアノ教室に通うとなると、月謝だけに注目してしまいがちですが、月謝以外にも費用が掛かることを忘れてはいけませんね。

グループレッスンで数人でアンサンブルを楽しんだり、ほかの人とレッスンを行うことに抵抗が無ければグループレッスンでピアノを習うとよいですね。

実際にグループレッスンと個人レッスンに通ったことがありますが、グループレッスンでもしっかりとピアノの技術高めることができましたよ。

アンサンブルなども楽しめますし、発表会でもアンサンブルの披露などを行い楽しめました。

またピアノ教室によっては効果なドレスなどは着ずに、私服での参加と言うところもあるので、入会の前に聴いておくのもよいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう