編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
ピアノ教室 選び方

ピアノ教室に通うメリットは?デメリットも?何歳から?

ピアノ教室特典

子供に習いごとをさせるとなると思い浮かんだり、子供に習わせる習い事ランキング上位に君臨するのがピアノ教室ですね。

やはり子供にはピアノを習わせることでなにかメリットがあるからなのでしょうか。

何故ピアノを習わせるのか疑問に思いませんか?

そこで子供をピアノ教室に通わせるメリットとデメリットをご紹介します。

また何歳から習わせるとよいのかなどの気になる問題もお送りしますね。

ピアノ教室に通うメリットは?

 

ではまずはピアノ教室に通うメリットからですね。

なぜピアノを習わせる親御さんが多いのか・・・やっぱりメリットが大きいのでしょうか。

ピアノを習わせるメリット

情操教育に良い影響を与える

表現力が見につく

行儀作法が見につく

脳の発達に良い影響を与える(目・耳・指を同時に使用するため)

度胸がつく(発表会や試験などを通して)

楽譜が読めるようになる

曲が弾けるようになるという達成感を味わえる

毎日の練習の積み重ねが大切だということを身に染みて分かる

保育士になるときに役立つ

ピアノの講師になれる

などと言うメリットが一般的に挙げられますね。

他にはお子さん事に、

落ち着きがなかったのにピアノを習ってから落ち着きが見られるようになった

楽しい趣味を見つけるきっかけとなった

親子で楽しめる時間が作れた

耳が良くなった(絶対音感)

等々と言う良さを感じている親御さんもいますね。

ピアノ教室へ通うデメリットは?

 

ではピアノ教室へ通う事により発生してしまうデメリットはあるのでしょうか。

ピアノを習うことで子供が感じるデメリット

ピアノを習うことで子供が感じるデメリットがあります。

毎日ピアノの練習をしなければいけない

練習をさぼると弾けなくなる

遊べる時間が減る

毎週教室へ足を運ばなければいけない(疲れていても眠くても遊びたくても等々)

ピアノを用意すれば辞めたい時に簡単に辞めるのは許されない

などがありますね。

このデメリットは子供に理解してもらう必要があります。

そしてこのデメリットがあるけどそれでも通いたいのかと言うことを聞きましょう。

無理やりこのデメリットがあるけど習いましょう!だと子供はストレスになってしまいます。

そこで自分からやりたくて親に習わせてもらったという状況を作ることが今後ピアノを続けていく上で大切な事となります。

デメリットを知った上で尚やりたいという気持ちがあるなら習わせる!と言うような形で始めるようにする必要がありますね。

デメリットはメリットである?!

 

一方で親御さん目線で見ると子供が感じるデメリットはメリットでもありますよ。

【毎日練習しなければいけないデメリットは・・・】

これってすごいメリットですよね。

楽しいことだけを出来るのではなく、毎日練習するという努力や忍耐強さが身につきます。

そしてその努力や忍耐など辛さを乗り超えた末にはスゴイ曲を弾けるようになるという達成感も味わえます。

ピアノを通して、頑張るべき時があり、頑張った甲斐が結果となるということが味わえるのです。

これって子供にとっては辛い経験となってしまうかもしれませんが良い事ですよね。

 

【1日でもさぼるとピアノが弾けなくなる】

1日でもピアノが弾けなくなるということは本当です。

1日さぼると3日前の指に戻ってしまうという言葉を講師の先生から私も良く言われていました。

本当に毎日弾いていると調子がよいのに、3日、1週間とさぼると弾けなくなる自分、調子の悪い指に苛立ちを感じることがあります。

これを子供も自分で実感します。

そうすることで毎日コツコツ積み重ねることが大切だということが身に染みて理解できますね。

 

【遊べる時間が減る】

ピアノの練習をしなければいけない、ピアノのレッスンへ行かなければいけないということで遊べる時間は当然減ります。

宿題をしてからピアノの練習をしなければいけないという事も増えてきます。

しかし、そうすることで忙しくて大変そうだなと思いますが、有効的な時間の使い方、時間を決めてテキパキ行動する大切さが自然に身につきますね。

 

ピアノ教室へ通うのは何歳からがおすすめ?

 

では続いて子供をピアノ教室に通わせるのは何歳からがおすすめかという事についてですね。

これは一般的に習い始めるのが多いのは5歳~8歳の間に始めます。

年中、年長さんあたりから、小学2年生くらいまでの間に習い始めるという事になりますね。

3,4歳からのコースもありますが、早ければ早いだけ良いというわけではありません。

ピアノを習う上でこのような条件が揃っているとスムーズに上達するため良いことがあります。

↓↓

ピアノの鍵盤を押し弾くことができる指の力が整っている。

指の名前や指番号が理解できる。

音の名前を理解し覚えられる。

鍵盤の位置を覚えられる。

この条件を満たした状態で習い始めると、無駄なくスムーズにピアノが上達していきます。

もちろん早い段階からピアノや音に馴染ませるということも良いことですし、8歳を超えてから習ったとしても遅くはありません。

ピアノ教室へ通う前に注意したいことは

ピアノ教室へ通う前に注意したいことは、実はお子さんの気持ちや心意気の準備だけではありません。

実は親御さんが注意すべきことがあります。

それは子供の為を思ってあまり考えずに習わせたいという気持ちはありますが、ピアノ教室にかかるお金の問題はしっかりと把握しておきたいところですね。

ピアノ教室に通うとなると、かかるのは月謝だけではありません。

教材費や施設費、コースがレベルアップすれば月謝もアップしたりします。

また発表会などでもお金がかかるようになります。

そこでお金を払ってでも子供に習わせてあげたいという気持ちが先行しがちですが、やはり苦しくならないようにしっかりと確認しておくべきポイントですね。

まとめ

ピアノ教室へ通うことで得られるメリットは豊富ですね。

そして実際に私は年長で習い始めました。

小学生に入るときにはピアノは生活の一部となっていて、ピアノが毎日の生活の中に当たり前のように入っていました。

そのため、意外と苦痛に感じる事もなく、習い続けられました。

新しい環境になり、精一杯慣れた生活がピアノ無しの生活となると、そこへピアノをプラスするのが難しかったり辛く感じてしまうというのがあるかもしれませんね。

新生活が始まる前に習い始め、小学生になってからの生活にピアノがあることが当たり前のようにしてあげると、辛さをあまり大きく感じないのではないかなと思います。

ピアノを通してピアノだけではなく生き方や考え方も養われていきますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう