編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
ピアノ教室 選び方

ピアノ教室を選ぶためには見学必需?見学時に見るべき点

ピアノ教室ツアー

ピアノ教室を選ぶためには見学がものすごく大切です。

見学をせずにピアノ教室を選ぶのは辞めたほうが良いと声を大にして言いたいです。

情報をいくら調べても良いピアノ教室は選べません。

情報を調べて大体の目星がついたらピアノ教室の最終選択のために見学へ行きましょう。

なぜピアノ教室を選ぶためには見学が必要か、見学の際はどこに注目してみるべきか、最適なピアノ教室を選ぶためのポイントをご紹介します。

ピアノ教室の通いやすさは?【立地】

 

まずはピアノ教室の通いやすさについてです。

ピアノ教室の立地を確認しましょう。

通いやすさはとっても大切です。

通うまでにかかる時間、車で通うなら駐車場はあるのか、入りやすいか、徒歩で通うならどのくらいの時間がかかるのかなど自分自身の通いやすさを実際に見学の際に確認しましょう。

通いにくいピアノ教室、無理して通わなけば行けないピアノ教室は避けたほうが良いです。

どんどん通うのが辛くなってしまうので、通いやすい所を選びましょう。

実際に体験でレッスンを受けて見学を

実際に体験レッスンを受けて見学しましょう。

体験レッスンを受ける際に見学をすることで、実際はどんな教室なのかが良く分ります。

やはり実際にホームページや口コミなどとは異なるので実際に見学して雰囲気を感じてみるのが一番です。

自分に合うかどうかが見極められます。

また、通おうと考えているコースで実際にどんなレッスンが行われているのかも見学することで詳しく分り、自分が求めているレッスンかどうかが分ります。

見学を受けずにピアノ教室を選んだりコースを選択して入会してしまうのは失敗の大きな原因となるので避けましょう。

見学の際に月謝の確認を

見学の際はレッスンの雰囲気だけに捉われず、月謝の確認もしてくることをおすすめします。

というのもホームページなどに記載されているのは大体の価格であったり、○○円~○○円と大体で記載されていることが多いです。

そこで通おうと検討しているコースのはっきりとした月謝、またその他にかかる施設費や楽譜代などについてもしっかりと確認してきましょう。

先生の指導力は?人間性は?見学で見極めよう

先生の指導力や人間性を見学で見極める事も大切です。

選びたい先生、選びたくない先生をしっかりと見極めるためのポイントをお伝えしますね。

こんな先生ではなくこんな先生がいるとおすすめというようにご紹介します。

実際に弾いてくれない先生は・・・

実際にレッスン中にお手本として弾き方、間違った弾き方と正しい弾き方の違いなどを講師の先生が弾いて見せてくれるような先生であるとおすすめです。

しかし、中には実際には弾いてくれない先生もいます。

やはりピアノはただただ言葉で伝えられてもわかりにくく、実際に弾いてもらうことで理解できる、真似できるということがあります。

部分的にでも弾いて見せてくれる先生がおすすめです。

すぐに答えを言ってしまう先生

 

すぐにやり方の答えを言ってしまう先生は実はあまり良くありません。

間違えたときに、例えばソのところをファと弾いてしまうときに、そこはソ!!とすぐに言ってしまう先生はおすすめしないということです。

ソ!と言われればソと弾きます。

しかし自分がなぜそこでファを弾いてしまうのか、ファと弾いてしまうクセを自分で気づき自分で改善しないと、何度もそこで間違えてしまうのです。

実際に私が通っていた講師の先生は何度も間違えるところで止め、やり直しと言われていました。

物凄くドキッとして、どこが間違えているんだ。。。どうしてここでこう弾いちゃうのかな・・・。と自分でものすごく悩み気を付けるようになります。

すると次からそこは間違えずに弾けるようになるのです。

すぐに答えを言ってしまう先生は一見的確な指示をすぐにしてくれているように見えるのですが、あまりおすすめしません。

生徒に合わせた指導をしてくれる?

生徒に合わせた指導をしてくれるのかどうかは見極めるポイントとなりますね。

生徒それぞれどんな風に教わったらわかりやすいのかは見学していると見えてきます。

この子にはこんなふうに教えている、この子にはこうだと違う教えたかたをしている様子が見られた場合、自分に合う教え方を吟味してくれて合わせてくれる先生だと判断出来ます。

一方でどの子にも同じような言い方で同じような指導をしているという場合、あなたにもその教え方を尽き通してくるでしょう。

一人一人に合わせた教え方をしてくれる先生を選びたいですね。

自分が体験見学するだけではなく、ほかの生徒さんに教えている時の見学も何回かさせてもらうとよいですよ。

ピアノ教室全体の成績

ピアノの先生の実力や実績を見るだけではなく、教室全体の成績も見ると良いです。

先生だけの実力があっても、生徒の実力はなかなか伸びていないというピアノ教室も少なくありません。

先生の指導力を見るためにはピアノ教室全体の成績を確認すべきです。

また、ピアノ教室全体の成績を見てよい場合、そこのピアノ教室は様々な人に対してそれぞれに技術が向上するレッスンが行われているということが解りますよね。

見学する際はピアノ教室全体の成績も確認すると良いポイントですよ。

まとめ

ピアノ教室を選ぶ時は、やはり見学が大きなポイントとなります。

しっかりと見学で詳しく確認してから入会するようにしましょう。

自分に合う雰囲気で通うことが苦痛にならないか、自分のテクニックが向上できるレッスンが行われているか、実際に体験、見学して見極めてくださいね。

失敗しないピアノ教室の選び方は見学がキーポイントとなりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう