編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
エンタメ

【動画】白血病の少女と大学生!ピアノと歌声の素敵なコラボ!

ある大学のアメフト選手と白血病を患った少女がピアノと歌声でコラボした素敵な動画が反響を呼び、人々に感動をもたらしています。

 

この動画が話題となったのはただただ演奏が素敵であったからというわけではありませんでした

大学生の素性が・・・

実は動画に写るピアノを弾く男子大学生は、才能も人柄も素晴らし人物だというのです。

男性は米メンフィス大学の強豪アメフトチームでクォーターバックを務めている花形選手です。

大会でも好成績をおさめ、学生選手としてスターとして人気を集めているほどです。

また、運動の面だけではなく、大学を2年半で卒業したという学歴も持ちます。

最優秀生として表彰もされ、文武両道で一目置かれる存在なのです。

病院とのきっかけは?

動画で白血病の少女と演奏しているのは病院内です。

彼は地元のセント・ジュード小児病院を2012年にボランティア精神でチームメイトと訪問したのです。

その行為自体はアメリカでは珍しいことではありません。

しかし、彼はその一度の訪問で終わらずに、何度も1人で通い続けていたのです。

一人で月に1,2回は訪問し、自分が出来ることをしたいと子供たちと遊んだり、食事の時間にピアノを演奏したり、重いものを運んで手伝ったりしていたのです。

そんな善い行いは誰も知らなかった・・・?!

白血病の少女ブレアナちゃんの母は娘の歌う姿をユーチューブにアップしました。

すると、その動画をみたカラムさんの周囲の人間は、非常に驚きました。

なぜなら彼の友人やチームメート、誰一人として、ボランティア活動後に病院に通い続けていたことを知らなかったのです。

その動画を見てみんなが初めて知ったのです。

また、この撮影をしていたブレアナちゃんもブレアナちゃんの母も、小児病院の人も、みんなカラムさんがアメフトのスター選手だと知らなかったのです。

カラムさんがブレアナちゃんの母に一かをアメフトの試合に招待した所でアメフト選手であることを知ったそうです。

その際も花形のクォーターバックであることは一切言わなかったとブレアナちゃんの母は言います。

譜面が無くても弾けるピアノ

カラムさんはブレアナちゃんに「好きな曲は何?」と聞き、歌い出した彼女の歌に合わせてピアノを弾き始めました。

譜面は一切ない状態で、カラムさんは聞いたことがある曲なら演奏することができるという音楽の才能にも長けていたのです。

その2人の素敵な演奏動画がこちらです。

カラムさんが素敵だと惚れ込む人が殺到

才能のある自分を自慢する事もなく、大きな態度をとることもなく、とっても優しく素敵な男性ですよね。

男の中の男である!!
笑顔も最高!いい人ぶっているのではなく彼も心から楽しんでいるようだ!
完全に彼に惚れ込んじゃったわ!かっこよすぎる!
い素晴らしい人だ!

頭もよくスポーツもでき、音楽の才能もあり、人に優しく笑顔も素敵な彼は神のようですね。

また、彼女の歌声も物凄く力強く輝かしく美しいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう