編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
学ぶ

鍵盤の色は元々逆だった?!なぜ今の形に・・・?

ピアノの鍵盤の色が逆だったことを知っていますか?

今は白鍵のほうが多く、黒鍵の方が少ないですよね。

しかし、元々は現在の白鍵部分が黒だったのです。

その頃のピアノのレプリカがこちらです。

なぜ現在の配色になったのかと言う理由は、諸説あります。

    • 白が基調であるほうが素敵だから
    • 財力を誇示するために象牙で出来ている白鍵をたくさん使いたかった

というようなことが挙げられます。

    元々黒鍵の方が多かった理由も諸説あり、
    ・象牙を少なく使用しコストを下げたかった
    ・女性の白い手を際立たせるため
    ・黒鍵盤の方が軽く弾きやすくするため
    等と言う理由が挙げられます。
    当時はオルガンなども黒鍵の方が基調でした。
    更になんと黒が基調となる前は、現在と同じ配色の時期もあったのです。
    しかし、白鍵ではなく、現在の白い部分は薄い木の板でした。
    白と黒というよりは茶色と黒でした。
    ピアノは茶色基調の黒鍵から、黒鍵基調の白鍵に変わり、その後白鍵基調の黒鍵という現在の形になりました。
    華やかさは現在の配色のほうが感じられますが、かっこよさやスタイリッシュさは黒鍵基調のほうが感じられる気がします。
    思い切って黒鍵と白鍵以外の色のピアノもデザインされていくとおしゃれですね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう