編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
ピアノ教室 選び方

ピアノ教室へ通う初心者へ!知っておきたい心得

ピアノレッスン初心者

ピアノ教室に通う初心者の方へ、ピアノ教室を通うに際し知っておきたい心得をご紹介します。

これは知っておいたほうがいいよ!!ってこと知っておきたいですよね。

損せず、後悔なく、効率よくピアノの上達が出来るように、知っておきたい心得をご紹介していきますね。

ピアノ教室を続けるために重要な先生選び

ピアノ教室を続けるためには先生選びが重要です。

というのも、いくら有名なピアノ教室に通っていても、みんなが良いと言っている先生であっても、自分に合う良い先生、相性が良い先生を選ばないと、通うのが苦痛になってしまいます。

通うのが苦痛にならないようにも、スムーズなピアノ上達のためにも、相性の良く居心地が良い、話しやすい先生を選びましょう。

ピアノ教室じゃない日も?自分でできる練習

 

ピアノ教室じゃない時も自分で出来る練習方法があります。

練習をしっかりとすることで、スムーズな上達が見込めますよ。

早く初心者期間を抜け出しちゃいましょう!

楽譜をスムーズに読む

楽譜をスムーズに読む練習をしましょう。

音符がスムーズに読めないと、どんな曲も上手く弾くことができません。

スムーズに読むことができるようになると、初めて見た楽譜でもすぐに弾けるようになります。

パッと見ただけでどんどん読み進められるように、楽譜を読むスピードアップしていく練習をしましょう。

指が早く動かす練習

 

指を早くスムーズに動かす練習が出来るようにしましょう。

指が動かないとこれまたどんなに音符が読めても引けないですよね。

指が動くための練習、テクニックを身に付けましょう。

弾けるようになりたい曲を良く聞く

弾けるようになりたいなと思う曲を良く聞きましょう。

よく聞くことで、上手く演奏できるようになります。

楽譜を購入するときにCDも一緒についているものがあるのでおすすめですよ。

こんな感じに弾けるようになりたいという目標にもなるのでいいですよ。

ピアノ教室へ!初心者におすすめの楽曲

初心者におすすめのピアノの楽曲をご紹介します。

エリーゼのために

エリーゼのためには誰でも一度は耳にしたことがある楽曲ですね。

初心者でも弾きたいと思う人気のある曲です。

同じフレーズが多く、難しい運指も少ないですし、弾けるようになるとピアノが弾ける人という感じが強く出るので、おすすめの楽曲です。

聖者の行進

聖者の行進は初心者でも簡単に弾きやすいのでおすすめです。

別れの曲

別れの曲はいつかピアノ発表会で弾きたいという人が多い人気の曲です。

初心者の人でも弾けるようになりやすい曲なのでおすすめです。

初心者の挫折!ピアノ教室を辞めたくなったら?

初心者なのに挫折してしまう人もいます。

初心者なのに挫折してしまわないように、通い始めたピアノ教室をすぐに辞めたくならないように、挫折しない為の考え方をご紹介します。

好奇心旺盛に

好奇心旺盛になりましょう。

こうしなさいと言われたらこうすべきというのがピアノではありません。

こう弾いたら音色はどうなるのか、こう強弱をつけたらどう聞こえるのかなど、好奇心旺盛に自分のピアノを関係させましょう。

欲望を出す

欲望を出しましょう。

ピアノが弾けるようになったらあれがしたい、あそこで弾きたい、あの人に聞かせたい。

ピアノが弾けるようになったらもてるかも?など欲望全開で取り組んでも良いです。

比較しない

 

ピアノのテクニック、上達スピードを他人と比較するのは辞めましょう。

日本人は特に自分と周りの人を比べたがります。

しかし、自分のスピードで良いのです。

自分だけを見て自分のペースで続けましょう。

自分を信じて続けることで技術や表現力がどんどんアップしますよ。

真面目になりすぎない

ピアノを真面目に辛いのに自分を震え上がらせて向き合う必要はないでしょう。

もちろんどこかで発表の予定があるというような場合は一生懸命にならないといけないでしょう。

しかし、いつか誰かに聞かせたい、趣味で弾けるようになりたいというような場合は真面目になりすぎると疲れてしまうので楽な気持ちで行きましょう。

好きな曲に取り組む

好きな曲に取り組みましょう。

好きな曲は大切にしましょう。

この曲を聞いてピアノが弾けるようになりたいと思った!

この曲を弾けるようになりたいと思った曲を積極的にやりましょう。

ピアノ初心者の上達への道筋

 

ピアノ初心者が上達するための道筋をご紹介しますね。

最終形態をイメージ

最終的にどうなりたいかイメージしましょう。

最後はあのステージで弾きたい

最後はこのくらいのレベルで弾けるようになりたい

最終的にあの人に聞かせたい

など最終形態をイメージすることでモチベーションを保つことができますよ。

無理のない計画を

無理のない計画で練習をすすめましょう。

無理してしまうと本末転倒です。

無理せずピアノを楽しく続けましょう。

発表の場を上手く活用

発表の場を上手く活用しましょう。

ピアノを弾けるようにならなければという緊張感と弾き終えた後の達成感で自身が尽きます。

発表会を上手に活用して自分のテクニックを向上させましょう。

 

まとめ

 

初心者でピアノを習い始めると、自分には向いていないかもしれない、全然うまく弾けない、周りの人と比べて劣っているなどと思い、ピアノを続けるか否か悩んでしまうことがあるでしょう。

しかし、無理せず楽しみながらピアノを続けることで徐々に上達していきます。

どうなりたいかどう弾けるようになりたいかイメージしながらピアノを楽しみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう