編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
ピアノ教室

大人のピアノ教室!初心者が通うなら大手?個人?先生は?

大人になって、ピアノ弾けるようになりたいなー。と思ったり、なにか趣味が欲しいと思いピアノを始めたり、ピアノ初心者で大人になってからピアノ教室へと通う人が増えていますね。

ピアノを弾けたらなと思いながらも習うことなく過ごしてきた場合、初心者の大人がピアノを弾けるようになることはあるのかと不安になりますよね。

また初心者の大人にピアノを教えてくれるピアノ教室はあるのか、ピアノ教室はどこを選んだらよいか迷います。

更にはピアノを教えてもらう先生との相性も気になるところですね。どんな先生を選べば順調にレッスンを受けられるでしょう。

初心者の大人がピアノを始める時に失敗しないピアノ教室の選び方や先生の選び方などをご紹介します。

共に、ピアノをしっかりと弾けるようになるためのおすすめのレッスン回数や時間もご紹介しますね。

大人のピアノ!初心者でも弾けるようになる?

大人になると、様々な新しいことを覚えるのが難しくなってきますね・・・。笑

子供の頃の脳の吸収率と現在の自分の脳の吸収率を比べてみると、明らかに覚えが悪くなってしまっています。

更にピアノが弾ける人ってほとんど小さい頃に習っていたという人ばかり・・・。

大人になってから初心者の状態でピアノ教室へ通ったところでピアノを弾けるようになるのかとピアノ教室を選ぶ前に心配になる点ですよね。

ピアノは車と同じ?!

大人になってから初心者の私がピアノを弾けるようになるとは思えないと感じてしまいますよね。

しかし、自転車程度しか運転したことがない、ゲームでしか運転したことが無かった人が、大人になってから運転免許を取りましたよね。

教習所へ通い免許を取り、運転できるようになります。

ピアノも同じです。小さいころから習っていなくても、大人になってから始めても、車のようにピアノも出来るようになるのです。

また、子供の頃にピアノを習っていても、ほとんどの場合は楽譜通りに音符を奏でる事に注力してしまいます。

しかし、大人になると様々な感情をピアノの演奏に反映させ、感情豊かな素敵なピアノ演奏が自然と出来るようになります。

大人になってから始めたからこそできるピアノ演奏もあるのですよ。

初心者が大人のピアノ教室へ!大手・個人どっち?

では大人のピアン初心者がピアノ教室を選ぶことになった時に、大手のヤマハやカワイのピアノ教室へと通うべきか、個人のピアノ教室へと通うべきか迷いますよね。

初心者で選び方を間違えてピアノ教室へと通ってしまうと、ピアノがなかなか弾けるようにならず諦めてしまったり、楽しさを感じられず辞めたくなってしまうことがあります。是非選び方は正しく行ってほしいところです。

大手ピアノ教室の場合

大手ピアノ教室の場合は、レッスンの形態がグループレッスンであることが多いです。

そのため、グループのメンバーと楽しくピアノを習いピアノ仲間も作れます。

グループの仲間とアンサンブルをして合奏の楽しさも感じられます。

また、大きな発表会があり、自分の演奏を披露する機会がありますね。

更に駅前や通いやすい場所、駐車場がある場所などが多く、大人が通いやすいと感じる立地条件である場合が多いですよ。

一方でデメリットとしては、グループレッスンであるため、周りと一緒にレッスンが進みます。

まだできないのに進んでしまう。自分が出来ないから出来る仲間を待たせてしまう。

自分は既にできているのになかなか先に進まないという事もあります。

個人のレベルに合った進み方ではない場合もあるのです。

また、自分の好きな曲を選んで演奏できるようにするということはほとんどなく、講師が選んだ曲をみんなで弾けるようにするという感じです。

自分のペースで自分の好きな曲を習いたいという場合にはおすすめできませんね。

また、大手ピアノ教室はグループレッスンだと費用が安めで比較的通いやすいものの、個人レッスンに切り替えると一気に額が跳ね上がるという事もあるのでご注意ください。

ちなみに大手ピアノ教室のグループレッスンは大人だけです。子供と混ざって学ぶということはありませんのでご安心を・・・。

個人ピアノ教室の場合

個人ピアノ教室の場合は、自分のペースで先生とワンツーマンで教えてもらうことができますね。

自分が好きな曲弾いてみたい曲をリクエストして教えてもらう事も出来ます。

自分一人を先生が見てくれているため、とっても丁寧です。

大きな発表会はありませんが、地域の演奏会や小さな発表会が開かれ演奏を披露することも可能です。

一方デメリットとしては、個人ピアノ教室の場合、先生は一人です。

その先生と相性が合わないと通い続けるのは難しくなりますね。

また、先生が一人であることで、希望の日時にレッスンが入れられないということもあります。

先生とさえ相性が合えば、とってもよいレッスンが受けられるでしょう。

大人のピアノ教室ってどんな感じ?

初心者で初めてピアノ教室へ通うとなるとつい身構えてしまいますね。

しかし特に大人だからピアノ教室の雰囲気が異なるということはほぼありません。

大手ピアノ教室のグループレッスンの場合は、複数人で行うためやはり少しワイワイした雰囲気です。

個人ピアノ教室の場合は先生と1対1なので相性次第で話が盛り上がったり、自然体で居られるでしょう。

ワイワイしながら音楽を楽しみながらピアノを弾けるようになりたい。ピアノの仲間も欲しい、1対1は緊張するから苦手と言う方は大手ピアノ教室のグループレッスンがおすすめの雰囲気となります。

逆に静かにレッスンを受けたい、先生に細かく指摘やアドバイスをもらい上達を目指したいという場合は個人ピアノ教室がおすすめの雰囲気となるでしょう。

大人のピアノ初心者へ!先生の選び方は?

大人のピアノ初心者のための先生の選び方をご紹介しますね。

自分は何を学びたい?!

まずは自分が何を学びたいかを明確にしましょう。

クラッシック曲だけを弾けるようになりたい。

ジャズを弾けるようになりたい。

はたまたJポップを弾けるようになりたいのか。などです。

ピアノを専門してきた先生はクラッシック曲を教えるのが得意。

ジャズが得意な先生。

エレクトーンなども一緒に学んできた先生はJポップも得意。と言うように先生にも得意分野があります。

そこで自分が学びたい分類に特化した先生を選ぶことで、自分に合った先生を選ぶことが出来ます。

ここを間違えると、私はクラッシック曲を弾けるようになりたいのに、先生はJポップに力を入れてくる・・・。

Jポップをやりたいのにクラッシック曲ばかりで嫌になる・・・。などと続けたくなくなってしまいます。

自分が学びたいことに力を入れて教えてくれる先生を選びましょう。

実際に話してみる

実際に話してみましょう。

大人の場合は特に先生の話し方が苦手だな・・・。ということがあるでしょう。

ピアノを教えてもらうのだから先生の人柄は気にしない!!という方もいますが、やっぱり教えてもらい続ける上で、ピアノ以外の話をしても話が合う!話し方が素敵!声が耳に入ってきやすい人などのほうが良いですね。

実際に話してみると、この先生の方がいいなと感じたり、この先生はイメージと違ったな・・・。と言うような事もあるので、是非選ぶ前に話してみることをおすすめします。

大人初心者におすすめのレッスン回数や時間は?

大人初心者におすすめのピアノレッスン回数や時間についてです。

大人になると特に仕事帰りや普段の生活の時間を縫って通うこととなるので、レッスン回数や時間の調節は意外と重要になります。

無理なく長く通い続けやすいレッスン回数や時間を選択すべきです。

そこで良くあるレッスン回数や時間を例として挙げ、メリットとデメリットをお伝えしていきます。

その中で自分に合ったレッスン回数と時間を選びましょう。

週1回の月4回レッスンの場合

週1回、月4回のレッスンは定番ですね。

子供の場合はほとんどこのペースです。

週1回の場合は大体30分のレッスン時間であることがほとんどです。

メリットは・・・

ペースをつかみやすい

自宅にピアノが無い場合も週に1回はピアノに触れ得られる

デメリットは・・・

レッスンに行くのが億劫に感じることがある

ピアノに割く時間に余裕がない時にやめたくなってしまう

練習時間を1週間のうちに組み込まなければいけないため、疲れやすい

自宅にピアノが無いという場合、実際に生のピアノに週1回触れられるということは大変良い事です。

しかし、週に1回となると、次のレッスンまでの間に練習して出来るようになっておかなければいけないことなどもあるため、週間でピアノに割く時間が多くなります。

ピアノを始めたけど本格的にではない、多くの時間をさけないというような場合、週1回のレッスンは窮屈、キツイ、辛いと感じてきてしまう可能性が高いですね。

練習時間をある程度自在に取れる、プライベートに余裕がある、モチベーションが高い人には週1回、月4回レッスンがおすすめです。

月2回の場合

月2回の場合は、ピアノを嫌いになったり億劫に感じることもなく、趣味として習い始めたというような場合にピッタリの回数となりますよ。

レッスン時間は60分であることが多いです。

メリットとしては、締め付けられることなくゆったりとピアノレッスンを受けやすいです。

詰め込みすぎずに長い目で見てピアノを弾けるようになりたいという場合におすすめですね。

しかし、注意点としては、隔週でレッスンを取らないとあまり良いレッスン方法だとは言えません。

2週連続レッスンを受け、2週連続レッスンを受けないとなってしまうと、モチベーションもピアノの技術もなかなかアップしません。

ピアノのレッスンがある週、ない週と交互に受けることが大切です。

どの期間までにピアノを弾けるようになりたい。

難しい曲を短期間で弾けるようになりたい。と言う状態でなければ、ゆったりとレッスンを受けられる月2回がおすすめです。

ただし、次回レッスンまでの間に全く練習しないような状態だと、いつまで経っても上達しません。

レッスンも無駄となってしまいます。

レッスンで教えられたことを振り返りながら自主練習をする時間も設け、次のレッスンには次に進めるように、分らないところをすぐに聞けるように準備をしておくということが大切です。

時間や回数に関しては、無理せず続けられる範囲を自分で選択することが大切です。

意気込みすぎてもダメですし、怠けすぎても意味がないので丁度良い回数、時間を選択してください。

ポイントは無理せず続けられる頻度です。

まとめ

大人になってからピアノを弾けるようになりたいと思ったら、それは遅くありません。

その時から始めれば、初心者でも弾けるようになります。

ピアノ教室やピアノの先生の選び方が正しければ、より楽しいピアノの世界に入りこむことができますよ。

まずは自分が無理せず長く続けられ、気分良くレッスンを受けられる状態を手に入れましょう。

続けることで、ピアノはどんどん上達していきますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう