編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
エンタメ情報

10年間の研究の成果!音のために生まれた形!SF風の新グランドピアノ?!

 

グランドピアノやアップライトピアノ、電子ピアノなど、形に違いはあれど、見慣れた形のピアノが流通していますね。

1800年代以降、ピアノの形は大胆に変化することなく現在に至ります。

そんな中で、新のピアノの形をしたグランドピアノが登場しました。

 

それが、ハンガリーのピアニスト、ゲルゲイ・ボガー二さんが10年間の年月を費やし行きついたピアノです。

カーボンファイバー製で2本足のグランドピアノです。

 

このピアノの形は、「より鮮明で高いピッチを観客に伝えるため」と言われています。

エンジニアのデザイナー、技術者と共に制作を進めました。

現在のグランドピアノは3本足や4本足のものが主流ですが、2本足にすることで宇宙船を思わせるような未来的造りになりました。

曲線状の形により、観客に向かってピアノの下から音を奏でることが可能になっています。

また、温度や湿度の影響を受けにくいカーポンコンポジェットが使用されているため、メンテナンス回数を減らすことにも成功しているそうです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう