編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
ニュース

九州自由に触ってピアノ?!オリンピック時にはオープニング演奏会も!!

JR九州新幹線と長崎本線が交際する佐賀県新鳥栖駅の構内には、8月19日からピアノが設置されました。

駅を利用する人に対して自由にピアノを弾いてもらおうという「ピアノの駅プロジェクト」として設置されています。

ピアノは鳥栖市内の家庭から寄付されました。

ピアノのそばにはオレンジ色の看板があり、「触らないでくださいから触れてくださいへ」と書かれています。

 

自分の腕前を披露するのもよし、初めてピアノに触れてみるのもよし、昔を思い出して弾いてみるのもよいですね。

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの際は、初日にオープニング演奏会が開催されます。

ピアノは午前5時から午後11時40分頃まで利用可能です。

まだまだピアノに実際に触れていく人は少なく、日本人の恥ずかしがり屋が多いという国民性が見られると言われています。

海外のようにとめどなく人が訪れ、ピアノを楽しみながら弾いて行くという姿はなかなかまだ見られていませんね。

自由に楽しくピアノに触れていくかたが増えるとよいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう