編集部員の1人をユーチューバーにしましたWWW
ピアノ教室 選び方

ピアノ教室はいつから?何歳からがいいの?

ピアノレッスン開始時

子供にピアノ教室を習わせたいと思っていても何歳から習わせればいいのか悩みますよね。

小学校入学前から?

3歳くらいからのコースもあるしな・・・。

CMで映る子も結構小さいしなー。

けどうちの子にはまだ早いかな?

と心配になります。

子供のピアノ教室はいつから習わせると丁度よいのでしょうか。

何歳から習わせるのが良いかご紹介していきますね。

ピアノは5歳から習うと脳に良いって本当?

子供にピアノを習わせることで様々な良い効果が得られるという情報がテレビのホンマでっかTVという番組で発表され話題となりましたね。

ピアノを弾くことで

左右の手を動かして弾く

楽譜を読んで次の音を考えていく

感情をこめてメロディーを奏でる

ということで運動能力、記憶能力、感情表現などを同時に鍛えることができ、脳の成長に良い影響をもたらすというのです。

そしてその際の発表で5歳~8歳頃が習い始めるのに丁度いい時期だと言われていました。

5歳以下のピアノは早すぎる?!

大手ピアノ教室では5歳以下の小さい子供もリトミックなどを取り入れたレッスンが行われています、

しかし一方で5歳以下のピアノは早すぎるという意見があるのです。

無理に始めても

無理に始めても脳への良い効果は得られません。

自分からやりたい、楽しいなどと感じたときに脳内でドーパミンという快感物質が分泌されることで脳に良い影響がもたらされます。

そのため無理に行わせても脳に良い影響を与えることはできないのです。

ストレスに

5歳以下だとまだ早すぎてピアノのレッスンを受けることにストレスを感じてしまうことがあります。

また、鍵盤を弾こうと思っても力が足りず弾けずにストレスを感じる・・・。

楽譜を読もうとしても覚えられなくてストレスとなるなど、5歳以下だと楽しさを感じる前にストレスを感じてしまうこともあります。

ピアノ教室へ通える目安は?

 

では我が子にはまだ早すぎる?もう大丈夫?と悩んだ時のために、ピアノ教室へ通える目安についてご紹介していきますので確認してみてください。

長時間座ってられる

まずはレッスンを受けるに当たり、30から60分ほど椅子にじっと座っていられるかを確認しましょう。

じっと座っていることが難しくても音楽を聴いたり歌ったりピアノの鍵盤に触れながらでも座っていられれば参加出来ます。

しかし途中で飽きてしまって座っていられず走り回ってしまうというようなときはまだ早いと判断出来ますね。

ピアノの鍵盤を押せる

ピアノの鍵盤を押せるかどうかもポイントとなりますね。

鍵盤をしっかり押せるようになるのは4歳頃から徐々にといったケースが多いです。

実際に鍵盤に触れさせてみて、押せそうだったら通っても大丈夫でしょう。

ピアノ教室へ通うのが遅すぎた?何歳までに通う?

 

ピアノ教室に通うのが遅すぎたということは無いです。

何歳からでも始められます。

大人からでも始められるので、小学生に入ってかラ中学生手前で習い始めるのは遅いというようなことはありません。

しかし、やはり実際に通った経験から、遅かったと後悔している人にはであったことが何度かあります。

小学3年生頃から習うと・・・

小学3年生頃から習うと、宿題の量も増えてきたり、帰宅時間も遅くなり、小学生になったある程度定まってきながらも一生懸命な生活の中で、急にピアノを取り入れることが大変だったというのです。

また、グループレッスンだと小学3年生の周りの子との大きな差が生じ、なかなかなじめず、結局個人レッスンに変えたという事もありました。

小学校入学前に通うと・・・

 

小学校入学前に通わせて、小学校1年生になり新生活が始まるときには、ピアノがある生活が送った私は、特にピアノがあとから入ってきて、急に忙しくなったという事もありませんでした。

また、結構小学校入学直前にピアノ教室に習いに来る人が多く、グループレッスンでも自分だけ遅いという事もなく学べました。

小学校生活を始めて慣れている中で、当たり前生活へそこに急にピアノを取り入れて毎日の練習やレッスンなどをこなすとなると、子供は大変に感じてしまうことがありますね。

ピアノを始めるベスト年齢は?!

 

ピアノを始めるベスト年齢に決まりはありません。

いつはじめても良いです。

しかし経験や脳への影響などを知り言えることは、

5歳以上8歳以下くらいにピアノを始めることがおすすめだと私は思いました。

座っていられるようになり、鍵盤も押せる、指番号も楽譜も理解できるので、この頃に習い始めるとピアノの上達もスムーズでしょう。

また、園児という生活のうちに習わせることで、小学生になってから新生活に慣れる+ピアノとなったり、せっかく慣れて精一杯の生活+ピアノとなることもなく、小学生の生活+ピアノが当たり前の状態からはじまるので、小学校入学手前で習うのがおすすめです。

まとめ

 

私も年長さんで習い始め、特にストレスを感じる事もなく、周囲とのギャップを感じる事もなく、ずっと習い続けられました。

しかし一方で妹は私が習っていたこともあり、3歳で習いはじめたのですが、ピアノを実際に弾くようになるまでは歌やダンスだけだったり、親としてはまだ早かったかな?と感じたそうです。

また、3歳や4歳とまだまだ座っているだけでストレスに感じる時期に習い初めてしまったことで、ピアノ教室にあまり良いイメージを持つことができなかったようで、小学生に入りすぐに辞めてしまっていました。

ピアノ教室は早すぎてもダメなのかな・・・と感じた経験です。

もちろんリトミックなどで音楽に触れさせてあげたいという方におすすめのコースなどもあるので、体験してお子さんも楽しそうなら通ってもよいと思います。

ピアノはいつから?何歳から?におすすめの答えとしては、5歳以上8歳以下がベスト!!でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

鍵盤好きはフォローしよう